TO-B independent support

レジを購入する

カシオのレジスターは中古で購入することが可能です。新品よりも価格が安いため、初期コストを簡単に抑えることができます。インターネットで販売していることもあるため、自宅から出ることなく購入することも可能です。

シェアリングという方法

シェアリングシステムは、車を必要な時に必要な時間レンタルするというものです。レンタカーよりも安価で利用することが可能で、自分で車を持つよりも非常に経済的です。現在注目されているシステムです。

決済代行サービス

決済代行サービスを利用すると様々な決済方法に対応することができ、多くの方が買い物しやすくなります。特にインターネットサービスなどでは多く用いられており、ネットショップでも導入されています。

POSシステムの導入

稼げるフランチャイズの小売業を紹介しているサイトはこちら。お店を開きたいとお考えの方は是非チェックしてみてください。

申請が難しく断れることもある海外での労働許可。香港でビザを申請しやすくしてくれる業者もあるので活用しましょう。

自動的にデータを収録し、さまざまな用途に活用

POSシステムといえば、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで広く普及している販売管理システムです。レジで商品の会計を済ますたびに商品名、個数、販売された日時などの売上情報が自動的に収録され、データとして蓄積されていきます。大手チェーンなどではこのデータを集中管理することで売上動向をリアルタイムで管理しているほか、さまざまなマーケティング活動にも応用しています。特定の商品のみを抽出して売上動向を調べたり、競合商品同士を比較してみたり、地域ごと、あるいは季節ごとの変化を見るなどして、経営戦略に生かしています。一方、近年では小規模な個人商店などでも利用できるような簡易なPOSシステムの普及も進んでいます。

商品管理業務の負担を軽減

小さなお店にPOSシステムを導入することに果たして意味があるのかという議論もありますが、業務の効率化・簡素化という点から見れば明らかなメリットがあります。現在、国内で流通している大半の商品にはバーコードが付けられています。このバーコードはまさにPOSシステムのために存在するといってもいいものです。バーコードの読み取りによって会計を行うことで、レジ業務は大幅に迅速化されます。また、収録された販売データはそのまま在庫管理に使えます。これによって仕入れ業務を効率化することも可能になります。大手チェーンなどが採用しているPOSシステムにはデータ管理用のオフィスコンピュータなどが必要となりますが、小規模店用のものであればPOSレジとバーコードスキャナーを揃えるだけで、低コストで導入可能です。

格安で安心して利用できるのが中国輸入代行です。日本人のスタッフだから取引もスムーズに行なうことができますよ。